新しく搭載された機能

1.画面サイズの自動切換え

最新の高解像度ワイドモニターやノートタイプにも対応できるように、画面サイズが自動的に大・小の大きさで表示されます。画面が大の場合には、任意に小さいサイズの画面にして利用することもできます。

画面大 16:9高解像度モニター用
(解像度1920×1080)

旧LABOC Win
(バージョン2・Windows95版)

画面小 ノートパソコン用
(解像度1280×768)

旧LABOC Win
(バージョン3・WindowsXP版)

2.マイメニュー

LABOC Win Xで業務を行う場合、メインメニュー内のメニューからサブメーニューを選択して各処理を行いますが、使用頻度の高いサブメニューだけをマイメニューに集約して選択をすばやく行うことができます。

 

3.受注予定表からのダイレクト売上

受注入力したデータを一週間の受注予定表として、装着日時か完成予定日を基準にした一覧で確認することができます。また、急ぎで納品書を発行したい場合は、起動時に受注予定表を表示してワンクリックで納品書発行を行えるダイレクト売上機能もあります。


装着日時を基準にした週間予定表

完成予定日を基準にした週間予定表

4.月間スケジュール管理

一ヵ月ごとのカレンダーに自由なコメントを書き込んで日々の予定を管理をすることができます。
起動時に月間スケジュールを表示させて、予定を確認後に業務を開始することもできます。

5.試適検索/試適戻り確認

試適戻りの場合、過去に試適で売上げた一覧が表示されますので、該当したデータを選択しますと再度入力することなく納品書のデータになります。
さらに試適で戻ってきたケースと戻ってこないケースを集計して確認することができます。

6.社内メモ/再製理由メモ

納品書に印字しない再製の理由や社内だけで残したいメモを登録することができます。

社内メモを確認する場合は、試適再製作リストや納品書閲覧で検索をすることができます。

7.受注/マスター連動見積管理機能

マスターデータを利用することができ、見積り発行後に製作発注がきましたら、見積りデータがそのまま受注データから納品書へと移行できるシステムになっております。

過去に発行した見積書を参照してコピーすることや用紙については、専用用紙かA4白紙用紙を選択することができます。

8.納品書閲覧からの訂正

請求時の伝票枚数が合わない場合や納品書を一覧でチェックする場合などに納品書閲覧が便利に利用できますが、訂正する場合、一旦メニューに戻ることなく売上訂正画面を表示して修正することができるようになりました。

9.本院・分院の預材統合管理

取引先歯科医院に本院・分院があって請求時に合算請求処理をしている場合、預り金属の管理も分院で使用した分を本院から統合して差し引くことができます。

 

10.受注時 過去データ/再製担当検索

受注入力で歯科医院・患者名を入力し売上検索ボタンを押すと、過去に製作した内容や再製の場合の担当者・外注先を検索することができます。

11.Picture画像管理

シェードテイキングや歯科医院から送られてきた画像を簡単に取込んで、患者名や補綴物・部位など多方面から検索することができます。

12.患者名ラベル印刷

納品書を作成するための受注データを利用して、簡単に見栄えのいい患者名ラベルを印刷することができます。手書きと比べて、わかりやすい技工物を歯科医院様へ日々お届けすることができます。